2020​​ だれかの記憶の物語

 

月夜の魔法

「まあ、わたしの話すことを、絵にかいてみなさい。」と月は、はじめてたずねてきた晩に、そういいました。「そうしたら、ほんとにすてきな絵本ができますよ」

――H.C.アンデルセン『絵のない絵本』より

 

星の生まる時

この作品は、稲垣足穂の小説「一千一秒物語」と、祖父の書斎にこっそり入り込んで自分の読める本がないか探した、小さいころの私自身の思い出をミックスして描いたものです。奇怪で神秘に満ちた物語世界を、子供の無邪気な夢想に重ねながら表現しました。

 

哲学者

「ヒンターポンメルン地方に、ダイヤモンドの山があります。その山は歩いて登るのに一時間、横切るのに一時間、通り抜けるのに一時間もかかる山です。その山に百年に一度、小鳥が一羽やってきて、ダイヤモンドにくちばしをこすりつけてとぎます。その山がこすれてすっかりなくなったら、そのとき、永遠の最初の一秒が終わるのです」

――グリム童話『ひつじ飼いの男の子』より

 

​朗読者

「金よりすばらしいものは何か?」――「光でございます」――「光より人を励ますものは?」王はまた聞きました。――「語り合うことが」

――ゲーテ『メルヒェン』より

© 2021 Akiko Yamaguchi

  • グレーPinterestのアイコン
  • グレーInstagramのアイコン